Japanese  |  English

昭和科学株式会社

オーダーメイド

Home > オーダーメイド > 導入事例

  • オーダーメイドの説明
  • 納品までの流れ
  • 導入事例
  • お問い合わせ・ご相談フォーム

導入事例 / バイオハザード対策施設・機器

  • 記事
  • 一覧

陰圧装置 HEPAフィルタユニットのご紹介

排気HEPAフィルタユニット 給排気HEPAフィルタユニット

陰圧化用途にあわせた2種類の機材を用意しております。

排気HEPAフィルタユニット   型式: SD-800CS       選定目安 20m3~40m3体積のお部屋
給排気HEPAフィルタユニット 型式: SD-800SUP    選定目安 40m3以上のお部屋
用途に応じた選定を実施させていただきますのでお気軽にお問い合わせください。

<外形図>
Web用図面2

<特徴>

① 既設の 一般検査室・一般病室の陰圧化が可能
② 風量ボリウムの操作で排気風量(SD-800SUPは給気風量も)コントロールが可能
③ 本体差圧計によりHEPAフィルタの目詰まりチェックが可能
④ 建屋側ファンとの連動動作が可能
⑤ 地震対策として、床面アンカーもしくは壁面固定の選択が可能

<出荷時・据付後 検査内容>
※CDCガイドラインはもとより、弊社基準で判断し、更なる検査項目を設けております。

① HEPAフィルタの透過率検査  ※HEPAフィルタ性能を確認します。
判定基準:0.3μm粒子の透過率が排気ダクト測定ポイントで0.005%を超える部位のないこと。
0.3μm粒子の透過率が給気HEPA 2次側走査で0.01%を超える部位のないこと。

② 風速・風量試験 ※換気回数は、1時間あたり12~20回の範囲であることを計測します。
判定基準:風量計・風速計の双方で計測し、陰圧用途の排気風量・循環風量の正確な値を計測。

③ 気流方向試験 ※陰圧室内外の気流方向をクリーンな水蒸気を用いて確認します。
・引戸/開き戸 下方(上方)層流
・引戸/開き戸 周囲
・機器吸込口・吹出口

④ 室内陰圧度検査 ※陰圧度が-2.5Paよりも低いことを確認します。
判定基準:専用マノメーターをピトー管へ接続し、ピトー管は陰圧室内へ固定。
マノメーターは、室外へ設置しその値が、2.5Pa以上であることを確認。

⑤ 絶縁抵抗検査 ※漏電等、電気系統に問題が無いことを確認します。
判定基準:充電部と非充電部との間の絶縁抵抗は1㏁以上であること。

⑥ .騒音試験  ※規定位置での騒音値を確認します。(排気風量 8m3/min の場合、約40dB)
判定基準:吸込口中心から1mの位置で約35dB~50dBであること。

<参考写真>

写真掲載ご協力元: 森山記念病院 PCR検査室 型式:SD-800CS

ダクト工事写真

窓開口部へパネルを設置し、既存窓の開閉及び施錠へも影響が無いように施行、FDも設置
ダクトラインは全て天井裏とし、ダクトの見える範囲は最小限としております。

写真 ダクト工事


据付後写真

地震対策として、床面へ専用金具を取付けアンカー固定を実施
据付後、全ての検査基準を満たしていることを確認しております。

写真 SD-800CS

IMG_4913

尚、弊社では機器据付のみではなく、陰圧室の施行・ダクト/電気/給排水設備工事・消防用設備工事の手配等
総合的にサポート可能です。お気軽にお問い合わせください。

このページのトップへ

Implementation at INRB in DR Congo

Introduction example in DR Congo, Africa

le Projet d’Aménagement de l’Institut National de Recherche Biomédicale

We implemented Laboratory furniture and Biological safety products at Institut National de la Recherche Biomédicale (INRB).
Please see pictures of installation as below for reference.

<Process of assembling lab furniture>
Assembling1Assembling2



 

 

 

 

 

 

<After installation>
P2P3

 

 

 

 

 

 

 

 

<Perform training for operational qualification and maintenance>
OQTraining

 

 

 

 

 

 

 

 

This project was great experience for us and spent wonderful time at Kinshasa.
We have been providing good results and want to keep this kind of project up in the future too.

このページのトップへ

ODAノン・プロジェクト(アゼルバイジャン)納品・技術支援

海外導入事例のご紹介

Japan’s Non-Project Grant Aid for Provision of Japanese SME’s Products FY2014 for The Government of The Republic of Azerbaijan

Research Institute of Corp Husbandry へ Biological Safety Cabinet 及び 検査機材を納品しトレーニングを実施致しました。

Research Institute of Corp Husbandry 研究棟

写真 2017-05-30 14 05 27


搬入・据付後のBiological Safety Cabinet(安全キャビネット)

IMG_0410

写真 2017-05-30 20 48 09


現地研究者及び技術者の方へ メンテナンス・検査方法のトレーニングを実施

IMG_5715


アゼルバイジャン バクー(首都)の風景

IMG_5455DSC_0048IMG_5488

DSC_0293_1IMG_0506



据付からトレーニングに至るまで、非常にまじめに取り組んでいただき、スムーズに進行することが出来ました。
また、親日の方がとても多く、町並みも非常に綺麗です。出張・ご旅行にもおすすめの場所です!!

このページのトップへ

P3 レベル実験室施工

「研究開発等に係る遺伝子組換え生物等の第二種使用等に当たって執るべき拡散防止措置等を定める省令」の要求事項に基づき設計・施工されたP3 レベル実験室です。

室圧に加え、温度と湿度を制御し、安全・快適な環境でP3 レベルの実験を行なうことができます。

給気にはプレフィルタ・中性能フィルタ・HEPAフィルタを装備し、天井部から給気します。
排気エアーは実験室奥両脇の下部からHEPAフィルタを通して処理します。

流し台下部には、実験排水を薬液で処理してから排水するための薬液処理槽を設置しています。

このページのトップへ

|

〒125-0061 東京都葛飾区亀有4-28-7 TEL:03-3604-6677 FAX:03-3604-6764

Copyright (C) 2005 SHOWA KAGAKU CO.,LTD.All Right Reserved